慰謝料請求するとき


心身共にダメージを受けた場合、お金ではどうにもならないことがありますが、しかし、それでも慰謝料をもらえるケースであればもらうべきです。ダメージにより病院通いが必要なってしまうことだってあるのですから。そこで慰謝料を請求できるケースを紹介します。慰謝料とは、民法第709条により、故意または過失によって他人の権利または法律上保護される利益を損害したものは、これによって生じた損害を賠償する責任を負うとしています。勘違いしてはいけないのがよく精神的苦痛を与えられたので慰謝料を請求するとありますが、これは法律上では成立しません。では一体どんな場合でしょうか。最近明るみに出ているのが、不倫による慰謝料請求ではないでしょうか。芸能人にもオープンにするようになったことから請求する方が増えています。また婚約破棄の慰謝料請求もしかりです。社会人に多いのが、名誉毀損で訴える場合です。これもまた著名人、芸能人が新聞社などの対して訴えることが多いのでよく耳にしていると思います。

女性そして、暴行・傷害、セクハラ、性犯罪などこれらは、一歩間違えると犯罪にもなってしまいます。軽い場合は慰謝料ですまされることですが、これら受けた側は精神的にも身体的にもダメージを受けお金を払ったから済ませるという話でもなくなってしまいます。被害を受けた相手によっては、罪をして重く受け取って欲しいと示談や慰謝料だけではすまされないこともあるので注意してください。これらの慰謝料を受け取る場合、弁護士への相談が必要になります。個人的には行えないので必ず専門家を介するようにしてください。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.