名誉毀損の場合


慰謝料を請求できるケースに、名誉棄損があります。名誉毀損とは、人格的評価について社会から受ける社会的評価を著しく低下させる行為のことをと言います。民事上、名誉毀損の行為は不法行為となり慰謝料を請求できます。

お札エスカレートすると、刑事上でも名誉毀損罪があり、民事ですまない場合には刑事事件とされ3年以下の懲役もしくは禁錮または50万円以下の罰金に処せられる犯罪行為とされることもあります。名誉毀損である基準が難しいのですが、例えば井戸端会議や職場などで放たれる陰口や悪口は法律上では不法行為に値しません。新聞にあからさまにでっち上げされたり職場で退職にまでおいこまれた、精神的に追い詰め障害を負ったという症状があることや、その公表によって明らかに個人の評価が著しく低下し転居を余儀なくされた場合に名誉毀損での請求が可能になります。

雑誌や、新聞などの残る媒体の場合には十分に証拠になり得るのですが、発言の場合には言った言わないの不毛な論争になり証拠がありません。慰謝料を請求したい場合には、録音するなどして証拠をつかんでおく必要があります。一般人同士が請求するにはなかなか難しく、時間のかかる内容になるのが名誉毀損です。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.