セクハラの場合

頭抱える慰謝料を請求できるケースにセクハラがあります。近年出てきたセクハラ、正式名称はセクシャルハラスメントと言い、職場での性的嫌がらせのことをさします。一般にセクハラは男性が女性にする行為のように捉えられていますが、女性から男性にする行為も当然セクハラに含まれます。男性、女性に関わらず、職場での不快な性的言動、仕事を行う上で不利益となるような言動を与えるなど、お互いの就業環境を悪化させ、相手に精神的ダメージを与えることはセクハラとなります。民事上では不法行為とされ慰謝料の請求が可能になります。また刑事上でも強制わいせつ罪などがあり、民事では済まない場合、刑法が適用されてしまいます。セクハラもまた主観的な判断が入ってしまうため簡単には慰謝料請求まで成立しません。愛人にならないと職場をやめさせるなどとした発言がないと厳しいこともあります。

セクハラには2種類あり、職場における地位や名誉を利用して下位の人に対してセクハラを行う、対価型セクハラがあります。昇進や減法を促し、性的なことを強要することはこれにあたり、請求可能となります。もう1つは、環境型セクハラです。これは、職場にヌードカレンダーをあからさまに置いたり、社員旅行で裸踊りを強要させることをさします。もちろん男女関係なく慰謝料を請求することができます。

Posted in 未分類 | セクハラの場合 はコメントを受け付けていません。

名誉毀損の場合

慰謝料を請求できるケースに、名誉棄損があります。名誉毀損とは、人格的評価について社会から受ける社会的評価を著しく低下させる行為のことをと言います。民事上、名誉毀損の行為は不法行為となり慰謝料を請求できます。

お札エスカレートすると、刑事上でも名誉毀損罪があり、民事ですまない場合には刑事事件とされ3年以下の懲役もしくは禁錮または50万円以下の罰金に処せられる犯罪行為とされることもあります。名誉毀損である基準が難しいのですが、例えば井戸端会議や職場などで放たれる陰口や悪口は法律上では不法行為に値しません。新聞にあからさまにでっち上げされたり職場で退職にまでおいこまれた、精神的に追い詰め障害を負ったという症状があることや、その公表によって明らかに個人の評価が著しく低下し転居を余儀なくされた場合に名誉毀損での請求が可能になります。

雑誌や、新聞などの残る媒体の場合には十分に証拠になり得るのですが、発言の場合には言った言わないの不毛な論争になり証拠がありません。慰謝料を請求したい場合には、録音するなどして証拠をつかんでおく必要があります。一般人同士が請求するにはなかなか難しく、時間のかかる内容になるのが名誉毀損です。

Posted in 未分類 | 名誉毀損の場合 はコメントを受け付けていません。

婚約破棄、不倫の場合

不倫または婚約破棄の場合の慰謝料請求を見てみましょう。不倫の場合、妻もしくは夫に対しての権利侵害で民事上の不法行為とみなされます。また、容認した愛人にも故意または過失があった場合には相手の配偶者に対して、不法行為責任を負うことになりますので場合によってはどちらにも慰謝料の請求をすることができます。ただ請求する際には、物的証拠が必要になりますので注意してください。

スマホ証拠や条件の7つをクリアしないと成立まで至らず請求できる可能性が低くなってしまいます。1愛人は既婚者であることを知っていること、2複数回にわたり肉体関係があったこと、3不貞行為は誰からの脅迫や暴力が関係しないこと、4夫婦関係が破たんしていないこと、5.20年以上たっていないこと、6請求権を破棄していないこと、7証拠があることこれらの条件が必要です。証拠はかなり難しいですが、口頭や想像での話では通用しません、物的証拠が必要です。

婚約破棄の場合には、契約不履行もしくは不法行為となり慰謝料などの請求が可能になります。しかし、やむを得ない正当な理由がある場合には、慰謝料の請求はできません。いずれの場合にも男女関係の慰謝料請求は難しく、特に女性側は感情論に走りやすい傾向もあることから証拠が見つからず請求成立までは厳しいことが多いです。

Posted in 未分類 | 婚約破棄、不倫の場合 はコメントを受け付けていません。

慰謝料請求するとき

心身共にダメージを受けた場合、お金ではどうにもならないことがありますが、しかし、それでも慰謝料をもらえるケースであればもらうべきです。ダメージにより病院通いが必要なってしまうことだってあるのですから。そこで慰謝料を請求できるケースを紹介します。慰謝料とは、民法第709条により、故意または過失によって他人の権利または法律上保護される利益を損害したものは、これによって生じた損害を賠償する責任を負うとしています。勘違いしてはいけないのがよく精神的苦痛を与えられたので慰謝料を請求するとありますが、これは法律上では成立しません。では一体どんな場合でしょうか。最近明るみに出ているのが、不倫による慰謝料請求ではないでしょうか。芸能人にもオープンにするようになったことから請求する方が増えています。また婚約破棄の慰謝料請求もしかりです。社会人に多いのが、名誉毀損で訴える場合です。これもまた著名人、芸能人が新聞社などの対して訴えることが多いのでよく耳にしていると思います。

女性そして、暴行・傷害、セクハラ、性犯罪などこれらは、一歩間違えると犯罪にもなってしまいます。軽い場合は慰謝料ですまされることですが、これら受けた側は精神的にも身体的にもダメージを受けお金を払ったから済ませるという話でもなくなってしまいます。被害を受けた相手によっては、罪をして重く受け取って欲しいと示談や慰謝料だけではすまされないこともあるので注意してください。これらの慰謝料を受け取る場合、弁護士への相談が必要になります。個人的には行えないので必ず専門家を介するようにしてください。

Posted in 未分類 | 慰謝料請求するとき はコメントを受け付けていません。